InvisaLife - 目立たずに美しく矯正ができるインビザラインの総合メディア/インビザラインと他の矯正方法を比較/インプラント

インプラント

インプラントとは?

インプラントは、あごの骨に人工的に作った歯根部を埋め込んで、土台を作ってから人工歯を取り付ける方法です。「歯根部」「支台部」「人工歯」の3つのパーツで構成されています。歯を失ってしまった部分に植える、というような感覚です。

入れ歯やブリッジという方法もありますが、入れ歯は止め金を使って固定する必要がありますし、ブリッジは健康な歯を削って装着する必要があります。またお手入れがしづらく、衛生面でも心配です。インプラントは1本ずつ固定を行うため、歯磨きもしやすく周囲の歯に負担をかけることもありません。

人工の歯といっても、しっかりと取り付けることができていれば、自分の歯のように扱うことができます。天然歯と役目や使用感はほぼ変わらないでしょう。

インプラントのメリット

自分の歯のように扱える

自分の歯としてものを噛むことができます。食べ物の味や感触、熱さや冷たさもちゃんと感じられるでしょう。

周りの歯に負担がかからない

インプラント以外の入れ歯やブリッジは、近くの健康な歯に過度な負担がかかり、次第に周囲の歯まで弱ってしまいます。インプラントはあごの骨さえしっかりとしていれば1本でしっかりと独立して機能するため、周りの歯には負担をかけることなく装着できます。

仕上がりが美しい

インプラントは仕上がりがとても自然です。自分の歯と見た目はほとんど変わりません。

安全性が高い

人工歯根の素材として使われているのは、心臓のペースメーカーにも使われているチタンです。金属ですが、骨と直接結合するという特性を持っているため、安全性も高いです。

インプラント治療法について

インプラント治療は、1回法もしくは2回法のどちらかになります。1回手術をするか、それとも2回に分けるか、の2種類です。あごの骨がしっかりしている場合は1回法でも問題はありません。しかし、骨の量が少ない場合は2回法がおすすめです。

インプラントの特徴

見た目

自分の歯のような見た目で、違和感はほとんどありません。

治療に必要な期間

まずはカウンセリング、そして精密検査を経てインプラントの埋め込みを行い、人工の歯を取り付けて終了です。しかし、インプラントの埋め込みをしてから、安静期間が設けられています。骨と埋め込んだインプラントが結合して安定するまでには、少し時間がかかるでしょう。インプラント治療が成功するかどうかは、この安静期間にかかっています。骨の密度などにもよりますが、およそ半年程度かかると考えておきましょう。

その後人工歯を取り付けることになるので、完成まで長くて1年程度です。

費用

インプラント治療は、1歯あたり30万円程度が平均の価格です。かなり高額ではありますが、自分の歯がよみがえると考えれば、妥当な金額といえるでしょう。自由診療であることと人によって手術の難易度にも差が出ることから、費用は前後します。

審美性

一度インプラントを装着してしまうと、自分の歯のように扱うことができます。見た目もまるで自分の歯のように見えるため、審美性は非常に高いです。

インビザラインとの違いは?

インプラントは、マウスピース矯正の1つであるインビザラインと仕組みがまったく異なります。インビザラインは歯並び矯正を主としていますが、インプラントは歯並びというよりも、失われた歯を取り戻す方法です。

もちろん、インプラントにすることで歯並びも改善しますが、大がかりな手術も必要と考えると、インビザラインのほうが矯正しやすくおすすめです。

運営者情報

このサイトは、歯科医師関係者や有識者に相談のうえ、インビザライン®に興味のある人のために作成しています。インビザライン®対応のクリニック紹介をご希望のクリニック・歯科医院関係者様はこちらからお問い合わせください。

掲載希望・お問い合わせ