InvisaLife - 目立たずに美しく矯正ができるインビザラインの総合メディア/インビザラインの疑問にお答えします/壊れたらどうする?

壊れたらどうする?

インビザラインの破損について

インビザライン矯正で使用するアライナーと呼ばれるマウスピースは透明で薄いので、破れたり壊れたりしないか心配になってしまいますよね。

結論から申しますと、アライナーが破損することはあります。それではどんな場合で起こるのか、くわしくご説明していきます。

アライナーの破損の原因

アライナーが破損する原因は、いくつかあります。例えば、以下のようなことが考えられます。

  • 歯ぎしり
  • 奥歯の噛みしめ
  • マウスピースの着脱

それぞれの理由についてくわしく見ていきましょう。

歯ぎしり

就寝中に起こりがちな歯ぎしり。歯を擦り合わせる動作のことで、そのほとんどが本人の自覚症状がないまま行われています。無意識に行っているので、一緒に住んでいる家族などに指摘されて自覚した、という人も多いでしょう。

歯ぎしりはギリギリとした音が周りに聞こえるくらい強い力をかけて奥歯を噛みしめたり、すり合わせたりしています。知らぬ間に歯が削れていた、変型したといったことも起こります。

インビザラインのアライナーの厚さは0.5㎜程度。とても薄いので、装着してもあまり違和感がない着け心地だと思います。歯ぎしりのように強い力をかけ続けると変型したり、破れることにもつながります。

食いしばり

歯ぎしりと同様、食いしばりもマウスピースの破損を招く原因です。

スポーツをしているとき、なにか物事に集中しているとき、ストレスを感じているときなどに歯を食いしばっていることがあります。

上下の歯を力を入れて触れあわせる状態が食いしばり。歯がすり減ってしまうだけでなく、顎の関節に負荷をかけるのでことも多いので、顎関節症を招いたり、頭痛や肩こりといった症状も引き起こしてしまいます。少しでも食いしばりをなくすためには、日ごろから噛みしめないように注意することが大切です。意識して食いしばっている回数を減らすように努めると改善が見込めます。

マウスピースの着脱

アライナーは歯列矯正のため作られているので、装着するときつい締め付け感があります。そのためマウスピースの取り外し方に気を付けないと、変形したり、破損したりする可能性も高まります。

外し方のコツは、上のインビザラインなら奥歯の内側を浮かし、下のインビザラインなら奥歯の外側を浮かせることです。変な方向に力を加えたり、無理して引っ張ったりすると変形や破損の原因になります。インビザラインは丁寧に外すことを心がけてください。不安なときは、かかりつけの矯正専門医に着脱の仕方を確認してみましょう。

インビザラインが破損してしまったら

インビザラインのマウスピースが破損してしまったら、まずはそのマウスピースの使用は止めてください。

ある程度の破損ならそのまま使えるだろうと自分で判断して使い続ける患者さんも中にはいらっしゃいます。しかし、インビザラインが一度破損してしまうと、歯列矯正のために必要な適切な力が上手にかからず、矯正効果は少なくなります。なので、まずは、かかりつけの専門医に相談してください。

通院中の歯科医院では、患者さんの歯型データがありますので再発注が可能です。破損したアライナーが何番目なのか伝えればすぐに対処してくれるでしょう。発注して手元に届く前は、1つ前のアライナーを装着して歯が移動しないよう歯列を維持しておきます。新しいアライナーが届いたら交換しましょう。

再発注して手元に届くまでには大体1~2週間かかります。そのあいだにアライナーを装着していないと歯が動いてしまい、次のアライナーがうまくフィットしないといったことも起こります。インビザラインはアライナーを段階的に変えていって歯列を矯正する矯正法です。使用済みのマウスピースをすぐ捨ててしまう患者さんもいらっしゃいますが、一つ前のマウスピースは念のために取っておきましょう。

監修者紹介

当サイトを監修したのは、エムアンドアソシエイツ矯正歯科の増岡尚哉院長。インビザラインを歯科医師に指導する「クリニカルスピーカー」の資格を持つドクターです。インビザラインが日本に導入された当初から活躍している、まさにインビザライン治療の第一人者。これまで培ってきた実績と技術による的確なカウンセリングは、患者さんから高い評判を得ています。

監修者である増岡院長の
カウンセリングを受けてみる

運営者情報

このサイトは、歯科医師関係者や有識者に相談のうえ、インビザライン®に興味のある人のために作成しています。インビザライン®対応のクリニック紹介をご希望のクリニック・歯科医院関係者様はこちらからお問い合わせください。

掲載希望・お問い合わせ