InvisaLife - 目立たずに美しく矯正ができるインビザラインの総合メディア/インビザラインと他の矯正方法を比較/マウスピース矯正/オペラグラス

オペラグラス

オペラグラスとは?

オペラグラスとは、最新のコンピューターシステムと3Dスキャナーを活用して、患者の歯を3Dデータ化し、そのデータを基に作製される、精密なマウスピース歯列矯正装置です。世界には様々なマウスピース歯列矯正装置が存在していますが、日本発のシステムと歯科技工士の技術が融合したマウスピース歯列矯正装置は、唯一、オペラグラスだけとされています。

通常、オペラグラスでの治療では、1週間ごとに新しいオペラグラスへと付け替えて、少しずつ理想の歯並びへと歯を移動させていくことになります。そのため、オペラグラス自体は薄くて目立たないので、矯正治療を周囲から気付かれにくい反面、定期的に歯科クリニックへ通院しなければならないといった、時間的なデメリットがあることも事実です。しかし、好きな時に取り外しができて、人前で話す際にも違和感が生じにくいため、ストレスなく歯列矯正を続けたい人にとって、おすすめの治療法とされています。

オペラグラスの特徴

見た目

コンピューターによって精密に計算された、透明なマウスピースであるため、ほとんど目立ちません。

矯正に必要な期間

オペラグラスによる矯正期間は、治療前の状態や、日々のオペラグラスの装着時間によっても大きく異なりますが、一般的に最短でも3ヶ月~半年程度、通常は1年~1年半程度の治療期間が必要とされています。

費用

基本的に、ワイヤー矯正などの治療費よりも安くなる場合が多いでしょう。しかし、定期的な通院が必要なため、トータルのコストで見ると高くなることもあり、注意が必要です。

審美性

3Dデータから作製される精密なマウスピースは、審美性に優れており、人前に立つ仕事をしている人にとっても始めやすい矯正法です。

最新のコンピューターシステムが生む歯列矯正

オペラグラスは、最新のコンピューターシステムと3Dスキャナーによって実現した、日本初の精密な歯列矯正装置であり、審美性に優れ、矯正期間中の痛みや違和感も抑えられています。

反面、そもそも部分的な矯正や、比較的軽度な歯列矯正に適しており、あまりにもひどい歯並びをオペラグラスだけで改善することは難しいでしょう。また、できれば1日20時間以上、オペラグラスを装着することが望ましく、患者自身が日頃から意識して矯正治療を継続していくことが重要になります。

その他、先端技術を用いた矯正治療であるため、実践できる専門医が限られているという点も注意しておかなければなりません。

運営者情報

このサイトは、歯科医師関係者や有識者に相談のうえ、インビザライン®に興味のある人のために作成しています。インビザライン®対応のクリニック紹介をご希望のクリニック・歯科医院関係者様はこちらからお問い合わせください。

掲載希望・お問い合わせ