InvisaLife - 目立たずに美しく矯正ができるインビザラインの総合メディア/インビザラインの疑問にお答えします/インビザラインの全顎矯正と部分矯正

インビザラインの全顎矯正と部分矯正

全顎矯正と部分矯正の特徴

全顎矯正は基本的にすべての歯を動かす

全顎矯正とは、その名のとおりすべての歯が矯正の対象になる治療です。基本的にはすべての歯を動かして矯正します。見た目の改善ももちろんですが、不正咬合のような噛み合わせの問題を解決することも目的です。1年から3年と、長い期間をかけて治療することになるオーソドックスな矯正で、さまざまな方法が揃っています。

部分矯正は見た目の改善が目的

部分矯正は全顎矯正とは違い、一部の歯だけを動かして矯正します。噛み合わせの改善というよりは、美しい見た目を目的として行われる矯正方法です。年単位で治療が必要な全顎矯正に比べて、半年から1年半ほどで治療が完了するうえ、費用も半額ほどのケースが多く、すべて矯正するよりも手軽に実施できます。短い期間で見た目を改善できるため、ウエディングなど大切なイベントに合わせて部分矯正を行うケースも多いようです。

部分矯正で改善できる症状

部分矯正は、前歯の並びが不揃い・隙間がある、少しだけ出っ歯になっているといった、前歯のちょっとした症状を改善するのに向いています。前歯は人から見えやすい部分なので、部分矯正するだけで印象を変えることもできます。

一方、噛み合わせの改善には向いていません。基本的に前歯だけを矯正するのが部分矯正なので、全体の矯正が必要な不正咬合を治療することはできません。また、出っ歯であっても顎の骨に原因がある場合は、部分矯正では改善できないケースとなります。

インビザラインでも部分矯正はできる?

インビザラインは歯全体にはめるマウスピースを使用するので、部分矯正というイメージはあまりないかもしれません。ですが、インビザラインで部分矯正することは可能です。
治療の流れは全顎矯正のインビザラインと代わりありません。

インビザラインで部分矯正するメリット

部分矯正は、主に前歯を矯正する方法です。目立ちやすい前歯だから美しく整えたいのに、矯正器具が目立ってしまうのは嫌なもの。インビザラインなら、透明なマウスピースを使用するので、人に気付かれずに部分矯正ができます。またそれでいて、技術力のあるドクターであれば、ワイヤー矯正と同じ結果にすることも可能でしょう。食事の際はマウスピースを外すので、これまでと変わらず楽しむことができ、歯磨きの際も同じように外して磨くことができます。

運営者情報

このサイトは、歯科医師関係者や有識者に相談のうえ、インビザライン®に興味のある人のために作成しています。インビザライン®対応のクリニック紹介をご希望のクリニック・歯科医院関係者様はこちらからお問い合わせください。

掲載希望・お問い合わせ