InvisaLife - 目立たずに美しく矯正ができるインビザラインの総合メディア/インビザラインの疑問にお答えします/インビザラインに年齢制限はあるの?

インビザラインに年齢制限はあるの?

歯や歯茎などが健康なら年齢の上限はない

インビザライン治療において、基本的に年齢制限はありません。インビザラインに限らず、矯正治療を行う際は歯や歯茎、骨が健康であることが大前提です。虫歯や歯周病がある場合は、これらの病気を治療してから矯正治療を開始します。

適齢は40歳くらいまで

原則、何歳からでもスタートできるインビザライン。しかし、40歳を超えると歯茎が下がりはじめ、歯周病のリスクが上がってしまう傾向にあります。

途中で歯周病などの治療を要してしまうと、新たにマウスピースを作り直したり、アタッチメントを付け直したりする必要性が出てくることも。もちろん、きちんと口腔ケアを継続していくことで、40代以降でも治療を始めることができます。

近年は中高齢者の治療者も増えている

日本でも歯並びを整えることへの意識が高まっており、50代や60代で治療を始める方も少なくありません。なかには、「金銭的な余裕が生まれたので、矯正治療に臨みたい」という方も多くいるのです。

矯正治療のメリットはいくつかあります。歯並びが整い、オーラルケアがしやすくなることで虫歯のリスクが低下すると考えられます。また、咬み合わせが正しくなれば、歯にかかる負担も減るため、歯の寿命も延びやすくなります。歯が健康であれば、「いくつになっても好きなものを食べたい」、という願いも叶うでしょう。

さらに、歯並びは顎や輪郭にも影響。歯並びが整うことで、顔がすっきりとして若々しく見えます。

子どものインビザラインは第2大臼歯が生えてから

子どもの場合、歯の生え変わり時期に個人差があるので、診察をしてから治療可否を決定します。

目安としては一般的なのは、乳歯が全て抜けて12歳臼歯と呼ばれる第2大臼歯が生えそろう時期。小学校高学年から中学生頃と考えられます。まだ骨がやわらかい時期にスタートすることで、歯と顎を比較的スムーズに治療することができ、抜歯をしなければいけないリスクも下がります。

10代向けの「インビザライン・ティーン」も

現在では、10代向けの「インビザライン・ティーン」が開発され、多くの矯正歯科で導入されています。コンピュータで矯正をシミュレーションし、成長に合わせて2週間を矯正治療の1クールとして行うものです。

思春期の子どもということもあり、透明なインビザラインが目立ちにくいことは大きなメリットです。マウスピースは取り外せるため、歯磨きや楽器演奏にも支障はありません。また、金属製ではないため、運動中のケガのリスクも軽減。子どもでも管理がしやすいよう、本体に装着時間の確認機能が付いているほか、紛失や破損の際の補償も付いています。

運営者情報

このサイトは、歯科医師関係者や有識者に相談のうえ、インビザライン®に興味のある人のために作成しています。インビザライン®対応のクリニック紹介をご希望のクリニック・歯科医院関係者様はこちらからお問い合わせください。

掲載希望・お問い合わせ