InvisaLife - 目立たずに美しく矯正ができるインビザラインの総合メディア/インビザラインの疑問にお答えします/インビザラインができないケース

インビザラインができないケース

インビザラインができないケースを知りたい

インビザラインによって歯並びの矯正を希望したとしても、必ずしもインビザラインを使えるとは限りません。あごや歯の生え方によってはすぐに矯正がおこなえないことも。また、歯周病など原因で口腔内が不衛生になっている場合は、まずはそれらの治療が優先されます。

インビザラインができない症状

上下のあごの位置が大きくずれている

歯の土台となるあごが上下左右でずれている場合、インビザラインを使って矯正をおこなうのは難しいと考えられます。医師が診察時に最終的な判断を下すため、気になる場合は相談してみましょう。

歯の生え方が凸凹している

歯並びの乱れが大きく、歯の根の部分(歯根)ごと矯正が必要な場合、インビザラインを使用できない可能性があります。また、歯の位置を大きく変える必要がある場合も同様にインビザラインによる矯正が難しくなります。ブラケットと併用することで、歯並びの乱れが大きくても矯正が可能になるケースも。ブラケットを使って歯根の位置を調整してから、インビザラインを使った矯正をおこなうことも可能です。

歯の本数や生え揃っていない

インビザラインは子どもでも使用可能です。しかし、第二大臼歯(だいにだいきゅうし)が生えそろっていない場合は、インビザラインの効果が出にくいと考えられます。第二大臼歯は基本的に中学生になるころには生え揃うため、そのタイミングで矯正を開始することが推奨されています。

顎関節症や歯周病になっている

口腔内に疾患がある場合はまずそれらの治療が優先されるため、インビザラインによる矯正をすぐに実施することはできません。特に歯周病が進行している場合は矯正治療時に歯が抜け落ちてしまうリスクも考えられます。顎関節症においても、まずは症状の改善が確認できてからインビザラインを使用します。

虫歯になっている

歯周病と同様に虫歯があると、インビザラインの治療をおこなうことができません。矯正をおこなうにあたってはレントゲン検査などで口内の状態をくわしく観察します。また、必要に応じて虫歯治療やブラッシングの指導をおこなってから矯正に進みます。

症状によってはワイヤー矯正を検討しよう

全てのケースにおいて、インビザラインによる矯正効果が期待できるわけではありません。インビザラインは取り外しがいつでもできるという利点もありますが、装着時間が短いと矯正が進まない可能性もあります。また、歯並びが大きく乱れている場合はワイヤー矯正などを用いることもあります。インビザラインは抜歯を伴わずに矯正できる程度であれば有用と考えられますが、あくまで医師の判断によって最終的な矯正方法が提案されます。

運営者情報

このサイトは、歯科医師関係者や有識者に相談のうえ、インビザライン®に興味のある人のために作成しています。インビザライン®対応のクリニック紹介をご希望のクリニック・歯科医院関係者様はこちらからお問い合わせください。

掲載希望・お問い合わせ