InvisaLife - 目立たずに美しく矯正ができるインビザラインの総合メディア/インビザラインと他の矯正方法を比較/ワイヤー矯正

ワイヤー矯正

矯正方法の中で、最も一般的な方法がワイヤー矯正です。矯正治療を考えた際、真っ先に考える治療法ではないでしょうか。どんな治療法なのか、詳しくご紹介します。

ワイヤー矯正とは?

ワイヤー矯正とは、それぞれの歯の表面にブラケットという、小さな固定具を接着し、各ブラケットにワイヤーを通して全体を締め付けることで、歯に圧力を加え、乱れた歯列を矯正する方法です。古くから行われている矯正法であり、一般にイメージされる、口を開けて笑った時に矯正器具が見えるタイプの方法でもあります。

ワイヤー矯正では通常、歯の前面にブラケットとワイヤーが装着されますが、場合によっては歯の裏側にブラケットが装着されることや、針金の色・太さを変えた特殊ワイヤーが用いられることもあります。また、ブラケットの素材も、金属でなく、歯と同色のセラミックなどが使われ、あまり目立たない工夫が施されている場合もあるでしょう。

ただし、ワイヤー矯正は矯正力が高い反面、どうしても矯正中は違和感や痛みが生じたり、矯正法によって費用が大きく変わったりすることもあるので、自分に適した方法をしっかり検討することが欠かせません。

  • 表側矯正
    表側矯正は、ワイヤー矯正の中で最も一般的な矯正法です。矯正器具が歯の前面にあるので他の矯正法より目立ちますが、矯正効果が早く出やすく、また現在は表側矯正でも目立ちにくく矯正効果も高い、「デイモンシステム(デーモンシステム)」や「クリッピー」といった方法も開発されています。
    ワイヤー矯正に限らず、歯列矯正には長い年月がかかります。そのため、少しでも自分にとってベストだと思える方法を比較検討しましょう。
  • 裏側矯正
    裏側矯正は、文字通りブラケットとワイヤーを歯の裏側に装着するタイプのワイヤー矯正です。歯の裏側に矯正装置を固定するので、ワイヤー矯正でありながら目立ちにくく、歯列矯正を気付かれたくない人や、人前に立つ仕事をしている人にとって、都合の良い歯列矯正法といえます。
    また、裏側矯正にも、上下の歯の裏に器具を装着する方法や、舌が触れやすい下歯は表側矯正にする例などもあり、担当医と細かく相談することが大切です。
  • 部分矯正
    部分矯正は、歯の全体を整えるのでなく、一部だけ歯が飛び出していたり、部分的に隙間があったりする際に行われる矯正法です。通常のワイヤー矯正では、歯全体に圧力が加えられますが、かみ合わせに問題がなく、前歯の乱れを修正したいだけのような場合、部分矯正で対応できることもあります。
    ただし、部分矯正は前歯にしか使えず、かみ合わせに関しても矯正できないため、根本的な矯正が必要な場合、部分矯正では対応できません。

ワイヤー矯正の特徴

見た目

表側矯正での治療は、歯の表面にブラケットとワイヤーを装着するため、かなり目立ってしまうのが欠点です。見た目を気にする人には不向きな矯正といえます。しかし、裏側矯正や部分矯正であれば、表側矯正と比べて目立たないといわれていますので、ワイヤー矯正をする場合は、自分が許容できるワイヤー矯正を選びましょう。最近はワイヤーにメタル色以外の色を選べるようになり、セラミックや樹脂の目立ちにくいブラケットもありますので、より楽しんで矯正治療ができます。

期間

歯に常に力が加わっているため、比較的早く歯並びが整います。装置を付けて適切な治療を受けていれば、問題なく治療は進んでいくでしょう。状態にもよりますが、およそ2年~3年でブラケットとワイヤーを外せるようになります。

費用

矯正方法の中でワイヤー矯正が最も安いといわれています。矯正費用としては、50万円~70万円ほどになります。検査や診断などで最初に5万円~10万円ほど、また通院に数千円ずつ別途費用がかかるクリニック・歯科医院もあります。

審美性

表側矯正は目立ちやすいですが、裏側矯正の場合は、歯の内側にブラケットとワイヤーを装着するため、ほとんど目立ちません。ただし下の歯は裏側矯正をすると違和感が出るため、表側矯正となる場合もあります。大きな口を開けると見えてしまうことも。部分矯正も前歯は目立ちやすく審美性に欠けるでしょう。

インビザラインと比較してみよう

インビザラインと比較してみると、費用は安いという点が優れています。ただし、治療期間はワイヤー矯正とそれほど変わらないといわれていますし、それ以外の審美性、見た目はインビザラインのほうが優れているといえます。

運営者情報

このサイトは、歯科医師関係者や有識者に相談のうえ、インビザライン®に興味のある人のために作成しています。インビザライン®対応のクリニック紹介をご希望のクリニック・歯科医院関係者様はこちらからお問い合わせください。

掲載希望・お問い合わせ