InvisaLife - 目立たずに美しく矯正ができるインビザラインの総合メディア/インビザラインで矯正できる症状/出っ歯/口呼吸が原因で出っ歯になることがあるの?

口呼吸が原因で出っ歯になることがあるの?

口呼吸が原因で出っ歯になることは可能性としてあり

喋ったり笑ったりした時に気になりがちな「出っ歯」。その原因としてはそもそもの遺伝や幼少期からの癖、骨格の歪みなど様々なものが考えられますが、意外と意識しにくいのが今回ご紹介する「口呼吸」です。

口で呼吸するだけでどうして出っ歯になってしまうのだろう?と思いますよね。確かに鼻で呼吸しても口で呼吸しても、気持ち的には同じように感じます。しかし、口での呼吸は思いのほか色々なデメリットを生んでいる恐れがあるのです。

幼少期から始まっている!口呼吸=出っ歯のメカニズム

大体なぜ同じように呼吸をしているのに、鼻呼吸よりも口呼吸のデメリットが大きいと言われるのか?といえば、答えは簡単です。「口呼吸をしている時は、口が開いている」から。
当たり前のことですが、出っ歯の原因としてはこれが一番重要と言えるでしょう。

まず口がぽかんと開いた状態だと、そこから様々な細菌を呼び込む恐れがあります。風邪はもちろん、虫歯菌や歯周病を引き起こす菌が侵入した上で、口内が口呼吸により乾燥してしまったら最近はたちまち繁殖し、その病気を悪化させてしまうでしょう。

この歯周病自体、アゴや頬の骨格を弱らせ出っ歯を引き起こす危険性があるのですが、口がだらしなく開かれることによって口周りの筋力が衰えるのも問題です。

本来人間は口を閉じた状態が自然のはずなのに、あたかも口を開いた状態がそうであるかのように変化してしまうと、追って歯並びにも悪影響が出ると言われています。つまり口呼吸は、元々呼吸をする器官として適切ではないということですね。

じゃあ鼻は?というと、鼻は鼻毛や鼻腔で守られているので細菌を通しにくく、異物は鼻水を使って流すことが可能。かつ脳に直接空気を送り込んで冷やす作用もあるため、体温や精神が正常に保たれやすいのです。意識できているうちは、なるべく鼻呼吸をしましょう。

ちなみに、口呼吸が習慣化する要因としては、以下が考えられます。

アレルギー性鼻炎や花粉症など、鼻や喉に疾患がある

これはある意味仕方のないことですが、鼻炎や花粉症、蓄膿症など鼻で息をするには苦しい理由があると、自然と口の方で息をする習慣が身に付きやすいと言われています。持病がある場合は、まずそちらの治癒を目指しましょう。

赤ちゃんの頃哺乳瓶を使用していた

これは諸説ありますが、母親の母乳に比べて哺乳瓶は吸い口が柔らかく、比較的簡単にミルクが飲めるようになっていることが多いのです。そのため、口周辺の筋肉が元々発達していないというわけですね。

また、同じような理由で離乳食への切り替えが早すぎると、今までミルクを飲むために自然と鼻呼吸になっていたのが口呼吸に変わり、それが癖になることもあるのではないかと言われています。

会話の減少

昨今ではメールやLINEなどの発達により、直接話したり電話をしたりしなくても相手に意志を伝えることが容易になりました。しかし、一方で人と会話をする機会が少なくなったことが、口呼吸が習慣化する要因になったのではないかとも言われています。

では、出っ歯の原因にもなる口呼吸を改善するためには、一体どのような方法があるのでしょうか?

  • 睡眠時に「口呼吸防止テープ」を使用する
    いくら意識しても、口呼吸が習慣化してしまっている以上睡眠時のそれを防ぐことは難しいもの。そこで「口に専用のシールを貼って阻止する」という手があります。ただし、鼻づまりが酷い方は命に関わりますので、くれぐれも気を付けましょう。

  • 口周辺の筋肉を鍛える
    口内、口外トレーニングを行い、口の周りの筋力を鍛えるのも効果的とされています。口を大きく開いたり、イーッと広げてみたり、唇を尖らせてみたり、舌を出したり……こういった運動をするだけでも違うそうなので、ぜひ試してみてください。

  • 耳鼻咽喉科や市販薬で、持病の完治を目指す
    鼻づまりや喉の病気で口呼吸になってしまう方は、まず完治を目指しましょう。風邪や鼻炎など一時的なものであれば、市販薬を飲むだけでも症状が緩和されることがあります。慢性的なら耳鼻咽喉科を訪ね、本格的な治療を受けるのがおすすめです。

出っ歯そのものを改善するなら「矯正治療」を受けよう!

このように、口呼吸は恐ろしい歯周病を引き起こすかもしれないだけでなく、周辺の筋力や骨格に影響する恐れがあり、それが出っ歯に繋がることも。心当たりがある場合は出来る限り今回ご紹介したような対策をとり、状況の改善に努めましょう。

ただし、既になってしまった出っ歯を治すのであれば、最終的には「歯科で矯正治療を受ける」のが適切です。昨今では比較的目立ちにくいワイヤー矯正や、メリットが大きいマウスピース矯正(インビザライン)も取り扱われていますから、一度ご相談ください。

運営者情報

このサイトは、歯科医師関係者や有識者に相談のうえ、インビザライン®に興味のある人のために作成しています。インビザライン®対応のクリニック紹介をご希望のクリニック・歯科医院関係者様はこちらからお問い合わせください。

掲載希望・お問い合わせ