InvisaLife - 目立たずに美しく矯正ができるインビザラインの総合メディア/インビザラインの疑問にお答えします/その他のトラブルは?

その他のトラブルは?

他に考えられるトラブルについて

インビザライン矯正にまつわるさまざまな疑問や質問にお答えしてきましたが、他にもよく聞かれるトラブルについてご紹介していきます。

トラブル1.アライナーを紛失してしまったのですが…

インビザライン矯正で使用するアライナーと呼ばれるマウスピースは、一人につき平均70~80個ほど作成します。クリンチェックに沿って使用するマウスピースの交換時期を決めているため、もし失くしてしまったら…と不安に思う方も多いようです。

紛失してしまった場合は、かかりつけのクリニックにすぐに連絡をしましょう。患者さんの状態に応じて、次のアライナーに進むか、作り直すかを判断してくれます。仕上がりに影響が出るので、自己判断は絶対NG。個人で判断しないで、必ず担当医に相談しましょう。

インビザライン矯正をしている人に多いのが、食事の前にマウスピースを外し、ティッシペーパーに包んでおいて、誤って捨ててしまったというもの。紛失を防ぐために、インビザラインを外した際は専用のケースにすぐ入れることを習慣づけておきましょう。

トラブル2.なんとなく活舌が悪くなった気がします

なにも装着してない状態に比べると、インビザラインを使うと活舌は悪くなります。マウスピースをはめていると、舌がマウスピースにあったたり、前歯が浮いているように感じたりと、発声しづらい場合があります。

また、口が乾きやすいといったことも起こります。すると余計に話しづらくなるでしょう。

一番の改善策はマウスピースに慣れてしまうこと。こういった症状はインビザラインを始めたばかりの時期に起こることですが、自然とラクに発声できるようになります。大体の患者さんは1週間程度で慣れるようです。もし、接客業や司会業など人前で話す職業なら、長時間でなければ外すのもひとつの対策です。

トラブル3.アライナーがなかなか外せません

インビザラインを始めたばかりで、外すことが難しいと感じる患者さんは少なくありません。中には歯が取れてしまうのでは…と心配される方もいます。しかし、それはないので安心してください。

ただし、爪が伸びていたり、女性でネイルアートをしている患者さんの中には、アライナーを外すときに爪が割れてしまったという声も。そういう場合は、外す際の補助器具を使いましょう。

イージーリフトと呼ばれるもので、先がかぎ針のように曲がった形状をしています。この先端をインビザラインの淵に引っ掛けるとインビザラインが浮くので、簡単に取り外しできます。先端は尖っていないため歯茎を傷つける心配もありません。ぜひ活用してみてください。

監修者紹介

当サイトは、第一線でインビザライン治療を行ってきた増岡直哉先生が監修しています。その実績と技術力の高さは、インビザラインのメーカーも認めるほど。カウンセリングでは、インビザラインのメリットだけでなく、考えられるトラブルなども説明してくれます。インビザライン矯正を考えている方は、一度相談してみるといいでしょう。

監修者である増岡院長の
カウンセリングを受けてみる

運営者情報

このサイトは、歯科医師関係者や有識者に相談のうえ、インビザライン®に興味のある人のために作成しています。インビザライン®対応のクリニック紹介をご希望のクリニック・歯科医院関係者様はこちらからお問い合わせください。

掲載希望・お問い合わせ