InvisaLife - 目立たずに美しく矯正ができるインビザラインの総合メディア/インビザラインと他の矯正方法を比較/マウスピース矯正/イークライナー

イークライナー

イークライナーとは?

イークライナーとは、韓国の専門医が考案したクリアライナーをさらに発展させて、より正確で、さらにコストや診療の手間が削減された、歯列矯正専用のマウスピース(アライナー)です。

イークライナーでは、最新コンピュータシステムを使って、矯正治療前に採取した歯型を3Dスキャニングすることで、立体的な歯型のデータを構築し、その3Dデータを基にして、その後に使用するマウスピースを作製することが可能になりました。

そのため、矯正段階に応じてマウスピースを交換する度に、改めて歯型を取り直す必要がなく、患者にとって肉体的・経済的負担がともに軽減されている上、治療開始の時点で、その後の治療計画を精密にシミュレートしていくことが可能です。

また、アライナーの作製時に使用する樹脂モデルがあれば、アライナーが破損したり紛失したりした場合も、その時点で必要な段階のアライナーを複製することができるので、治療の進行を妨げません。

イークライナーの特徴

見た目

薄くて透明な3種類のマウスピース(0.5mm、0.625mm、0.75mm)なので、イークライナーを装着していてもほとんど目立たず、周りから気付かれにくいことが特徴です。

矯正に必要な期間

基本的に、矯正には1日20時間以上のアライナー装着と、一週間ごとの交換が必要となります(3週間分1セット)。また、治療期間に関しては個人差も大きいですが、最短でも半年~1年程度は必要と考えることが無難です。

費用

毎回の歯型採取が不要なため、費用も抑えられやすくなっています。

審美性

最も分厚いものでもわずか0.75mmしかなく、また素材が透明なので、審美性にも優れており、アライナー装着時でも自然に過ごすことが可能です。

一度の歯型採取で最後まで治療可能な矯正法

イークライナーの最大の特徴は、最初に歯型を取っておけば、その後は3Dデータを基にして、原則的に最後まで治療を行えるという点でしょう。また、審美性にも優れており、見た目上のストレスも軽減されています。

ただし、1日にできれば20時間程度の装着が望ましく、またアライナーを1週間ごとに交換しなければならないなどの手間がかかる他、そもそも適切なイークライナー治療を行えるように、認定医による講習会やセミナーを受講したメンバー登録医にしか、イークライナーを扱えないという問題もあります。そのため、どこのクリニックでも気軽に受けられるとは限らない点は、覚えておきましょう。

運営者情報

このサイトは、歯科医師関係者や有識者に相談のうえ、インビザライン®に興味のある人のために作成しています。インビザライン®対応のクリニック紹介をご希望のクリニック・歯科医院関係者様はこちらからお問い合わせください。

掲載希望・お問い合わせ