InvisaLife - 目立たずに美しく矯正ができるインビザラインの総合メディア/インビザラインと他の矯正方法を比較

インビザラインと他の矯正方法を比較

インビザラインと他の矯正方法は何が違うの?

インビザラインは、多くの人が注目しているマウスピース矯正の1つですが、その他にも歯を矯正する方法はあります。どの程度の矯正が必要なのか、どれぐらいの期間で矯正したいのか、どこまで審美性を追求するのかによっても、適応となる矯正方法は異なります。

ワイヤー矯正

もっとも一般的な矯正方法です。ブラケットとワイヤーを歯に固定し、力を加えながら歯の位置を動かしていきます。確実性が高く、早く矯正ができる方法として、昔から行われてきました。また、歯の大規模な移動が必要となる大掛かりな矯正治療にも対応しています。

最近では少しでも目立たないようにするため、半透明のブラケットやワイヤーを使うこともあります。裏側矯正であれば、表側に矯正するより目立ちにくくなります。しかし、完全に見えなくなるわけではないので、矯正していることを周りの人に絶対に知られたくないという人には向いていません。費用は比較的安めで、費用面を重視する人にはおすすめです。

マウスピース矯正

マウスピースを装着して、歯を移動させていく矯正方法です。審美性は抜群で、透明のマウスピースなので、見た目はほとんどわかりません。ただし大規模な移動が必要な矯正治療には対応が難しいのがデメリット。マウスピース矯正は比較的軽度な矯正治療に使われる方法です。

また、マウスピースを外していると治療が進まないため、外している時間が長い場合、治療に時間がかかってしまう人も多いです。治療に時間がかかれば、その分費用もかさみます。食事の時や歯磨きの時、その他外したい時に自分で取り外しはできるものの、決められた時間は必ず装着して治療を行なう必要があります。接客業や営業マンといった、人と接する仕事をしている人におすすめの矯正と言えます。

セラミック矯正

自分の歯を削り、その上にセラミックをかぶせて歯並びを良くする方法です。歯を動かすわけではないため、短期間で理想的な歯並びを手に入れることができます。ただし、かみ合わせの変化や歯の移動はできないため、矯正というよりも見た目を美しくするための方法といえます。セラミック素材の色によっては、自分の歯と違和感が出てしまう恐れもあるため、色選びは慎重に行いましょう。

インプラント

インプラントは、歯がなくなってしまった部分にもう一度歯を蘇らせることができる方法です。金属など上部な素材でできた歯根部をあごの骨に埋め込み、人工の歯を取り付けます。定着すると、違和感がなくなり、自分の歯と同様に機能するようになります。周りの歯に負担をかける入れ歯やブリッジと異なり、単独でしっかりと歯としての機能を果たしてくれます。

運営者情報

このサイトは、歯科医師関係者や有識者に相談のうえ、インビザライン®に興味のある人のために作成しています。インビザライン®対応のクリニック紹介をご希望のクリニック・歯科医院関係者様はこちらからお問い合わせください。

掲載希望・お問い合わせ