InvisaLife - 目立たずに美しく矯正ができるインビザラインの総合メディア/インビザラインの疑問にお答えします/費用はどのくらいかかる?

費用はどのくらいかかる?

インビザラインの費用相場は

インビザラインの費用相場は、75~110万円と言われています。

他の矯正方法とどのくらい費用が変わってくるか気になりますよね。そこで、一般的な矯正方法である、ワイヤー表側矯正、ワイヤー裏側矯正、インビザラインで比較した費用相場と特徴をまとめました。

 3つの矯正方法の特徴と費用の比較

一般的な矯正方法の3つを表にまとめて紹介していきます。

  1.  表側矯正…いわゆるワイヤー矯正です。ブラケットと呼ばれる金属の装置を歯の表面に貼り付け、そこにワイヤーを通して矯正していく方法です。ブラケットの色はワイヤーと同じ銀色か、セラミックでできた透明なものなどがあります。最近では、ワイヤーも白色で目立たないものも出てきました。
  2. 裏側矯正…歯の裏側に矯正器具をつける矯正方法。装置は金属ですが、裏側につけるため表側からは目立ちません。
  3. インビザライン…アライナーと呼ばれるオーダーメイドの透明なマウスピースを装着して矯正します。
  表側矯正 裏側矯正 インビザライン
見た目

金具が目立つ

裏側に金具をつけるため目立たない

透明のマウスピースなので目立たない

費用

60~70万円
※透明なブラケットやワイヤーを使うと費用はアップします

100~150万円

75~110万円

メリット

・症例数が多くノウハウの蓄積がある
・比較的どの症例でも対応可

・症例数が多い
・審美性が高い

・痛みが少ない
・取り外せて丸洗いできるので清潔
・金属アレルギーの方も使用可

デメリット

・見た目がとにかく目立つ
・痛みや違和感がある

・費用が高い
・痛みや違和感がある
・発声しづらい

・適応しない症例がある
・費用が高い
・自己管理が必要

トータル費用が高い傾向にあるのは裏側矯正です。表側矯正と同じくワイヤーやブラケットを使うのに、なぜこんなに差がつくのかというと、ブラケットにあります。

表側矯正では既成のブラケットを直接歯に貼り付けますが、裏側矯正で使用するブラケットは既成のものではなく、患者さんにあったブラケットを作る必要があるためです。ジグと呼ばれるブラケットを正しい位置につける器具も作るため、技術面の難しさと作業工程の多さで費用面も高くなる傾向にあります。

インビザラインの相場は75~110万円程度ですが、もちろん個人の症例によって金額も変わってきます。

インビザラインは、軽度の症例の場合は65~70万円程度、前歯のみといった部分的な症例の場合は50万円程度、難しい症例になると100万円以上と、症状によってさまざま。費用には、アライナー製作費、保定装置料、精密検査・診断料、処置費用などが別途かかる場合があります。

クリニック選びは費用だけでなく実績もチェック

費用は安いに越したことないと考えがちですが、安かろう悪かろうではせっかくインビザライン矯正をする意味がなくなってしまいます。費用の安い高いではなく、信頼できる医師が診療にあたるのかどうかを基準に、クリニック選びをしましょう。

インビザラインはワイヤー矯正と比べると、まだ日本での歴史も浅く、症例実績も多くありません。また、患者さんによってはインビザラインが適さない症例もあります。そのため、マイナス面やリスクをきちんと説明できる経験を積んだドクターであることが望ましいのです。

クリンチェックと呼ばれるソフトを使用し、PC上で歯の動く様子を3Dでシミュレーションしながらインビザラインの治療計画を立てるのですが、途中で合わなくなってくる場合が往々にしてあります。その時は、原因を突き止め、シミュレーションを作り直して患者さんに合った治療計画をまた作る必要があります。こうしたリカバリーができる技術力や経験値、矯正治療の知見を持った医師を選びましょう。

監修者紹介

当サイトは、エムアンドアソシエイツ矯正歯科の増岡尚哉院長が監修をしています。増岡先生は日本でもいち早くインビザライン矯正に携わり、経験を積んできた歯科医師。その実力が認められ、インビザラインを歯科医師に指導する「クリニカルスピーカー」となった、まさにインビザラインの第一人者です。

監修者である増岡院長の
カウンセリングを受けてみる

運営者情報

このサイトは、歯科医師関係者や有識者に相談のうえ、インビザライン®に興味のある人のために作成しています。インビザライン®対応のクリニック紹介をご希望のクリニック・歯科医院関係者様はこちらからお問い合わせください。

掲載希望・お問い合わせ