InvisaLife - 目立たずに美しく矯正ができるインビザラインの総合メディア/インビザラインの疑問にお答えします/インビザラインに保険は適用できるの?

インビザラインに保険は適用できるの?

インビザラインは保険適用ができない

高額になりやすいインビザラインの治療費ですが、保険を適用することは可能なのでしょうか?結論からいうと、インビザラインは保険適用ができません。歯科治療が保険適用になるには条件がありますが、インビザラインではその条件を満たすことができないためです。

見た目を重視したものから、治療面を重視した矯正まで、幅広く行えるインビザライン。ですが、どのようなケースでも保険は適用できず、自費診療なのが現状です。高額だとインビザラインに二の足を踏んでしまいますが、クリニックによっては医療ローンや独自の分割払い、クレジットカード払いなどを扱っているところもあります。これらを利用して、月々の負担を減らしてみるのも良いでしょう。

矯正治療で保険を受けるには

保険が適用されるには条件が必要

インビザラインは保険適用できませんが、ほかの矯正治療がすべてそうとは限りません。一定の条件を満たせば、保険が適用できる場合があります。厚生労働大臣が定めている疾患の矯正治療は、保険適用の可能性がある治療です。しかし、保険適用には外科手術も必要で、手術をしない場合は保険の適用から外れるので注意が必要となります。

そのほかにも条件があり、保険を適用したい場合には、すべて満たす必要があります。基本的に審美を目的としている矯正治療は、どのようなケースでも保険は適用されないので留意しておきましょう。

矯正治療で保険が適用できるケース

保険適用になるかどうか知りたい場合は、まず自分の疾患が対象かどうかを調べると良いでしょう。

顎変形症や前歯3歯以上の永久歯萌出不全による咬合異常以外はリストがあり、53の先天疾患が記載されています。唇顎口蓋裂やゴールデンハー症候群、鎖骨・頭蓋骨異形成など、疾患名が列挙されているのでここから探してください。

リストに記載があり外科手術が伴う場合は、保険適用できるケースです。厚生労働省指定の医療機関で治療を受け、同じく指定の矯正装置を使用すれば、保険適用になります。指定外だと保険が適用されないので注意しましょう。この指定の矯正装置からインビザラインは外れているため、保険が適用されないのが現状です。

保険を適用した矯正は外科矯正のみ

保険が適用になるのは、外科手術を伴う矯正だけです。これを外科矯正といい、矯正に先立って手術を行うため、サージェリーファーストとも呼ばれます。

外科手術では、顎の骨を削ったり切ったりして、直接的に正しい位置にすることができます。骨格によって歯列に問題が生じていた場合、この外科手術をすることで、矯正期間を約半分に短縮することができるのです。また、外科手術の際切開するのは口の中のため、顔に手術痕が残ることはありません。

運営者情報

このサイトは、歯科医師関係者や有識者に相談のうえ、インビザライン®に興味のある人のために作成しています。インビザライン®対応のクリニック紹介をご希望のクリニック・歯科医院関係者様はこちらからお問い合わせください。

掲載希望・お問い合わせ