InvisaLife - 目立たずに美しく矯正ができるインビザラインの総合メディア/インビザラインの疑問にお答えします/痛みはあるのか?

痛みはあるのか?

インビザラインはどのくらい痛い?

ワイヤー矯正よりも痛みが少ないと言われているインビザライン矯正。しかし、矯正をしたことがない人にとっては、どの程度の痛みなのか、想像がつかないと思います。そこで、ワイヤー矯正とインビザライン矯正の痛みの違いについてまとめました。

インビザライン矯正の痛みとは?

ワイヤー矯正の痛みがギュッと締め付けられたような痛みだとすると、インビザラインの痛みは、窮屈な靴を履くような軽く締め付けられる痛み。どの矯正も、矯正中は歯が移動するため痛みは多少なりとも生じます。

インビザラインは圧迫される痛みは、2~3日で慣れる人が多いのだそう。アライナーは2週間に1度、次のステップの新しいものに交換していくのですが、新しいものに変えたときに、この圧痛を感じることが多いようです。

もちろん個人差や痛みに強い弱いということもありますが、ワイヤー矯正に比べて痛みは4分の1程度と表現されることもあり、インビザラインのほうが痛みは少ないという声が多いようです。

ワイヤー矯正の痛みとは?

ワイヤー矯正の痛みの原因は、ワイヤーの締め付けです。定期的に装置を新しくし、ワイヤーを新しいものに取り換えて、歯を矯正するために締めていきます。ワイヤーを調整した後や交換した2~3日はとくに痛みが強く、ズキズキとするような痛みを感じたり、上下の歯が噛み合わさるだけで痛みが増すといった人もいます。

ときには、ご飯を食べられないほどの痛みを感じることも。できるだけ噛まなくて済む、クタクタに煮たうどんやおかゆといった柔らかいものに変えるなど、対処が必要になります。

歯が動いている痛みなのですが、虫歯のようなキューンとする痛みではなく、締め付けによるギュッとつかまれたような痛みが起こります。痛みに弱い人は痛み止めを処方してもらいましょう。

インビザラインはどんなときに痛む?

インビザラインはどんなときに痛むのでしょうか。主に次の点が挙げられます。

マウスピースを装着、取り外したとき

とくに痛むという声が多いのが、マウスピースを初めて装着したとき。はじめのうちは歯の根元がしっかりしているため、マウスピースの力が加わり痛みを感じます。新しいマウスピースに交換した後も、次の段階に歯を動かすために痛むことがあるようです。

飲食する際はマウスピースを外しますが、マウスピースを外した後に上下の歯が上手にかみ合わないことによっても痛む場合があります。

噛んだとき

食べ物を噛んだときに、噛みしめることで痛みを感じることがあります。とくに硬いものを噛むときはズキンと痛むことがあるようです。噛んでいるうちに慣れてくると緩和されます。

アタッチメントをつけたとき

インビザライン矯正でも、アタッチメントと呼ばれるプラスチックでできた突起した素材をつけることがあります。マウスピースの歯にかかる負荷を調整するためにつける装置です。歯と同じ色のものを取り付けるためそこまで目立ちませんが、痛みが生じる可能性があります。歯が移動しやすくするために歯に負荷をかけるので、歯を締め付ける痛みを感じやすくなるのです。

まとめ

歯を移動させて歯並びを整える矯正中は、少なからず痛みが伴います。もし、マウスピースに歯茎や舌が当たることで痛みを感じるならば、もしかしたら歯型に合っていない場合もあるので、歯科医師に相談してください。

また、装着時間を守らずに、久々にマウスピースを装着した場合でも痛むことがあります。マウスピースがはまりづらくなるだけでなく、マウスピースが入らなくなってしまうといったことも起こりうるので、毎日装着することと装着時間をしっかり守ることが大切です。

監修者紹介

当サイトは、エムアンドアソシエイツ矯正歯科の増岡尚哉院長が監修しています。インビザラインの治療はもちろん、歯科医師にインビザライン矯正の指導も行なっているスペシャリストです。多くの患者さんの歯並びを治療してきた実績があり、痛みのほかにも気になることなら何でも答えてくれますよ。

監修者である増岡院長の
カウンセリングを受けてみる

運営者情報

このサイトは、歯科医師関係者や有識者に相談のうえ、インビザライン®に興味のある人のために作成しています。インビザライン®対応のクリニック紹介をご希望のクリニック・歯科医院関係者様はこちらからお問い合わせください。

掲載希望・お問い合わせ