InvisaLife - 目立たずに美しく矯正ができるインビザラインの総合メディア/インビザラインの疑問にお答えします/インビザラインと口内炎の関係はある?

インビザラインと口内炎の関係はある?

インビザラインは口内炎ができにくい矯正装置

インビザラインは、ワイヤーなど金属を使った矯正に比べて、口内炎ができにくい矯正方法です。口内炎にはいくつか原因がありますが、矯正によって口の中にできる傷が口内炎になってしまうことも。特に金属を使った矯正では、装置があたって傷ができやすく、口内炎になることもしばしばです。インビザラインは傷つけにくい構造なので、傷が原因の口内炎は少なくなります。

アレルギーによる炎症も抑えられる

ワイヤー矯正は金属を使用しているので、金属アレルギーを持つ方が装着するとアレルギー反応が起きるのではないかと心配になる方も多いでしょう。一方のインビザライン矯正では、プラスチックでできたマウスピースを使用します。ですから、インビザライン矯正なら金属アレルギーによる炎症反応は起きず、安心して矯正が可能です。

歯と器具の手入れがしやすく衛生的

ワイヤー矯正の場合、器具を自分で取り外すことはできません。常に器具があるので、歯磨きがしにくいのが難点でした。しかしインビザラインは、マウスピースの取り外しが自分で簡単にできます。取り外して自分の歯をしっかり磨くこともできますし、マウスピースをきっちり洗浄することも可能です。食事の際はマウスピースを外すので、食後に歯磨きを行えばマウスピースに食べかすなどがつかず、衛生的に使えます。

インビザライン使用時の口内のケア

食後は丁寧に歯を磨く

インビザラインを使用しているときは、歯磨きが特に重要です。口内炎は傷のほか、細菌やウイルスなどによっても引き起こされます。マウスピースは歯を完全に覆うので、唾液が行き届きにくく、細菌が繁殖しやすい状態に。口内炎のほか、虫歯のリスクも非常に高くなっているので、食後の歯磨きは必須です。歯に食べ物の残りかすがないよう、一本一本丁寧に磨くよう、心がけましょう。

マウスピースのお手入れ方法

歯磨きと並んで、マウスピースのお手入れも重要です。マウスピースのお手入れが不十分だと、白くなってしまったり、臭いのもとになったりすることもあります。口内衛生を守るためにも、マウスピースを清潔に保ちましょう。通常は水洗いをすればよいですが、色がついてきてしまったり、臭いが気になったりしたら、専用の洗浄剤を使って洗います。市販されている一般のマウスピース用洗浄剤の中には、色を白くするものがありますので、よく確認しましょう。

運営者情報

このサイトは、歯科医師関係者や有識者に相談のうえ、インビザライン®に興味のある人のために作成しています。インビザライン®対応のクリニック紹介をご希望のクリニック・歯科医院関係者様はこちらからお問い合わせください。

掲載希望・お問い合わせ