InvisaLife - 目立たずに美しく矯正ができるインビザラインの総合メディア/インビザラインの疑問にお答えします/インビザラインをする時は親知らずは抜くべき?

インビザラインをする時は親知らずは抜くべき?

矯正に関わらず親知らずは抜いた方がいい

「親知らずは抜いたほうがいい」「いや、抜かないほうがいい」などと、どちらの意見も聞きます。実際のところはどうなのかというと、矯正の有無に関わらず、抜いたほうがいいようです。抜いたほうがいい理由を見てみましょう。

親知らずは虫歯になりやすい

親知らずは一番奥に生えてきます。歯磨きの際、歯ブラシの届きにくい位置にあり、どうしてもケアが不十分になりがちです。そうなると、虫歯になるリスクも上がってしまいます。

汚れのたまりやすい親知らずですが、困ったことに親知らず以外の歯も虫歯リスクが上がってしまうのです。親知らずと隣の歯の間に汚れがたまれば、その歯も虫歯になってしまい、周辺の歯茎が腫れることもあります。親知らずやその周辺でトラブルが何度も起きるようなら、間違いなく抜いたほうが良いでしょう。

親知らずの影響で噛み合わせが悪くなる場合もある

親知らずは、ほかの歯が生え揃ったあとに生えてきます。生えてきたときにまっすぐになっていないことも多く、そうなると噛み合わせが悪くなる可能性があるのです。

まっすぐ生えなかったことで隣の歯を動かしてしまい、歯並びが変わってしまう可能性も。こうなると全体的に影響を及ぼし、悪い噛み合わせから、頭痛の原因にまでなってしまいかねません。親知らずが原因で噛み合わせが悪くなってしまった場合は、まず抜いたほうがいいと言えるでしょう。

インビザライン矯正で親知らずを抜くケース

インビザラインで矯正する前に、すでに上記の症状が出ていた場合は、その時点で親知らずを抜いてしまいます。では、矯正中に親知らずを抜くことはあるのでしょうか。

まずは、やはり途中で虫歯になってしまった場合は、抜いてしまうことがあります。インビザライン矯正中はほかの歯も虫歯になりやすいので、親知らずはさらにリスクが高まるのです。

虫歯以外では、歯を移動するための隙間を作るために抜歯することも。出っ歯のケースだと、前歯を奥の方へ動かすために、親知らずを抜くことがあります。

親知らずを抜いた後の注意点

もし親知らずを抜いたなら、いくつか注意すべきことがあります。親知らずを抜くと、細菌に感染するリスクが高まります。抗生物質を処方された場合は、途中でやめず、すべて飲みましょう。

歯茎を縫合することもありますが、抜糸するまで強く歯磨きをすることは避けてください。縫合しなかった場合も、なるべく優しく歯磨きするよう心がけましょう。痛みはだいたい1週間で収まり、痛み止めも処方されます。しかし、どんどん痛みが強くなっていく場合には、細菌感染の可能性があるので歯科を受診してください。

抜歯後すぐにマウスピースを装着してもOK

親知らずを抜いたあとは、いつからインビザラインを装着していいものなのでしょうか。インビザラインは、1日のうち20時間以上装着する必要があります。そのため、抜糸直後から装着したほうが良いでしょう。しかし、マウスピースが細菌などを密閉してしまうので、抗生物質を飲んだり、お口のケアを怠らないようにしたりしてください。

運営者情報

このサイトは、歯科医師関係者や有識者に相談のうえ、インビザライン®に興味のある人のために作成しています。インビザライン®対応のクリニック紹介をご希望のクリニック・歯科医院関係者様はこちらからお問い合わせください。

掲載希望・お問い合わせ