InvisaLife - 目立たずに美しく矯正ができるインビザラインの総合メディア/インビザラインで矯正できる症状

インビザラインで矯正できる症状

インビザラインで矯正できる具体的な症状とは?

出っ歯(上顎前突)

上顎の前歯が下顎の前歯よりも大きく飛び出した状態を出っ歯、医学的には上顎前突症(じょうがくぜんとつしょう)といいます。具体的には5mm以上前に飛び出していると出っ歯となります。前に出た歯が邪魔をして口を閉じられない場合、口の中が乾燥して虫歯や歯周病の原因になることも。見た目にも目立つので、気になる方が多いようです。

具体的な出っ歯の治療方法は、患者さんの顎の骨格の特徴や口腔内の状態によって違いがあります。マウスピースを適応する場合と、マウスピースとワイヤーを併用する場合の2つのケースについてまとめました。

出っ歯の症例を見る

受け口・しゃくれ(下顎前突)

下唇が明らかに上唇より出ている状態を受け口・しゃくれ、医学的には下顎前突症(かがくぜんとつしょう)といいます。歯を噛み合わせたときに上あごの歯より下あごの歯の全体が前に出ている状態のことで、不正咬合の1つ。反対咬合と言われることもあり、下あご全体が前へ出ているケースや、歯並びが問題で前歯の噛み合わせが反対になっているケースがあります。

受け口だとイマイチ容姿に自信が持てなかったり、コンプレックスになってしまったり…。見た目だけではなく、食事のときでも噛み合わせが悪いと咀嚼がうまくできないという問題が起こります。その治療方法について紹介します。

受け口の症例を見る

八重歯

八重歯というと、前から数えて3番目の歯にあたる犬歯が前に飛び出している状態のことと捉えている人が多いかもしれませんが、正確には、犬歯に限らず、正常の位置とはズレて生えてきてしまった歯のことを八重歯と言うのです。また、歯が重なって生えてしまい、歯並びがガタガタしている状態も八重歯のひとつ。八重歯=犬歯、見え方によっては「かわいい!」と言う人もいますが、実際には口腔内のトラブルも多く、とくに歯磨きがしにくいので、汚れがたまったり、虫歯になってしまったり問題が目立つ歯でもあります。詳細を見ていきましょう。

八重歯の症例を見る

ガミースマイル

ガミーとは、英語で「歯茎」という意味。笑ったときに歯茎が見える範囲が広いことを「ガミースマイル」といいます。笑肉歯やハイリップとも言われ、傾向として出っ歯の人に多くみられます。八重歯や受け口などの他の症状に比べて口腔内上での不具合は少ないのですが、それ以上に問題になるのが「人前で歯を出して笑えない」というコンプレックス。自分の笑顔に自信を持てないというのが、ガミースマイルの最大の問題なのです。治療方法としては、出っ歯によってガミースマイルになっている場合は矯正。そうでない場合は、見えてしまっている歯茎を切除するパターンや、上唇の筋肉を弛緩させるボトックス注射を注入する方法があります。

ガミースマイルの症例を見る

すきっ歯

歯と歯の間に隙間があることを「すきっ歯」といいます。正確には、永久歯に生え変わるタイミングで自然と隙間が空いてしまう状態のことで、空隙歯列(くうげきしれつ)や歯間離開歯(しかんりかいし)ともいいます。隙間がある位置は人によってさまざまで、前歯など一部分だけの人もいれば、全体がすかすかの人もいます。食べ物が挟まって虫歯になりやすいという口腔内上のトラブルだけでなく、見た目の面で強いコンプレックスに感じる人も。マウスピースでの治療は比較的進めやすく、大きな口腔上の問題がなければ、平均して3~5か月で改善することができます。

すきっ歯の症例を見る

噛み合わせ

噛み合わせの問題にはいくつかのパターンがあります。例えば、下の顎が上の顎より前に出てしまう、左右の歯列がずれている、上下の歯がかみ合わないなど。ほとんどは顎の問題となります。鏡で自分の顔をチェックしたときに、あきらかに左右のバランスが異なっている場合は、左右の噛み合わせが悪いと判断していいでしょう。顔の形やバランスに影響することや、食べ物がうまく噛めず胃腸の調子が悪くなるといったトラブルがある噛み合わせ。ほかにも、噛み合わせを良くしたことで、慢性的な肩こりや腰痛がスッキリ良くなったというケースも多くみられます。

噛み合わせの症例を見る

乱杭歯

歯が前後に生えたり、正常な位置から生えていなかったりする状態のことを乱杭歯(らんぐいば)といいます。医学的な呼び名は「叢生(そうせい)」。見た目だけでなく、歯列が悪いために歯磨きをすることが難しく、虫歯や歯周病のリスクも高いという問題があります。治療方法としては、軽度の場合は歯列全体のアーチを広げていきながらスペースをつくり、マウスピースで整えます。重度の場合は、スペースをつくるために抜歯を複数個所おこなうケースもみられます。

乱杭歯の症例を見る

開咬(オープンバイト)

開咬(オープンバイト)とは、歯をしっかり噛んでいるのに、上下の前歯のあいだに隙間ができてしまうこと。つまり、歯を閉じることができない状態です。症例としては少なく、10代では10人にひとりくらいの割合で起こっています。歯を閉じることができないわけですから、前歯で物を噛み切ることができないというのが最大の問題です。よく噛まないまま飲み込むことで胃腸の調子が悪くなったり、奥歯に大きな負担がかかるといった問題も。これは身体全体にも悪影響を与える場合が少なくありません。詳細をチェックしていきましょう。

開咬(オープンバイト)の症例を見る

過剰歯

過剰歯とは、その名前のとおり歯の数が多いこと、必要以上に歯が生えてしまっている状態をいいます。永久歯28本、それに親知らず4本を加えた32本と正常な状態は決まっていますが、過剰歯の場合は、これ以上に歯が生えてしまっているのです。女性よりも男性に多くみられます。永久歯が生えてくるのを邪魔する、歯列を乱してしまうなど問題がありますが、こちらの場合も見た目での強いコンプレックスになってしまうことが多いようです。治療方法としては基本的に抜歯をしますが、症状によってタイミングが異なりますので、レベルの高い医療機関を受診するほうがいいでしょう。

過剰歯の症例を見る

過蓋咬合(ディープバイト)

上顎の前歯が通常よりも大幅に下顎の前歯に被さっている症状を過葢咬合(かがいこうごう)といいます。ディープバイトとも呼ばれ、ほとんど下顎の前歯が見えないほどの状態をいいます。噛み合わせが深いため、傷や歯肉炎が絶えずできてしまったり、咀嚼機能に問題が発生したりすることも。ガミースマイルにも繋がり、見た目の面でも好まない方もいるでしょう。コンプレックスの原因であり食事などの日常生活に支障をきたす過葢咬合と、インビザラインによる治療法を紹介します。

過蓋咬合(ディープバイト)の症例を見る

運営者情報

このサイトは、歯科医師関係者や有識者に相談のうえ、インビザライン®に興味のある人のために作成しています。インビザライン®対応のクリニック紹介をご希望のクリニック・歯科医院関係者様はこちらからお問い合わせください。

掲載希望・お問い合わせ