InvisaLife - 目立たずに美しく矯正ができるインビザラインの総合メディア/インビザラインで矯正できる症状/噛み合わせ

噛み合わせ

インビザラインによる噛み合わせの治療方法

噛み合わせ治療の目的は、楽な顎の位置で上下の歯がしっかりと噛み合うようにすること。インビザラインによる治療では、左右の歯が均等に噛み合っている状態になるよう、ずれている歯を移動させていきます。

噛み合わせが悪い症状

噛み合わせが悪い状態とは、下の顎が上の顎より前に出てしまう、左右の歯がずれている、上下がかみ合わず隙間が空いてしまうといったことが挙げられます。歯並びが良い=噛み合わせに問題がない、というわけではありません。一見歯並びが良く見える場合でも、上下の歯がぴったり合わさっていないと、噛み合わせが悪い状態といえます。

噛み合わせによる日常生活での不都合は?

噛み合わせが悪い状態をほっておくと、顎が歪んでしまい、顔の左右のバランスが悪くなります。顔がどちらかに歪んでいると、歯並びが悪くなるといった問題が起こることも…。

それだけでなく、健康面にも影響を及ぼします。トラブルとして挙げられるのは、しっかり噛めない、口臭や虫歯の原因になりやすい、顎関節症のリスクが上がりやすいといったこと。とくに奥歯の噛み合わせが悪いと顎に負担がかかります。顎の関節は身体の中でも大きいため、慢性的な肩こり頭痛に悩まされたり、身体の不調につながる危険も。発声にも影響を与え、活舌が悪くなる恐れもあります。

 噛み合わせの原因

さまざまな原因が考えられますが、例えば以下のことが考えられます。

  • 遺伝によるもの
  • 小さい頃の指しゃぶりなどの影響
  • 歯が抜けたまま放置したために歯がずれた

噛み合わせの主な原因には3つあると言われています。1つ目は、遺伝。歯と顎のバランスの悪さや顎の骨の発育に問題がある場合で、親の噛み合わせが悪いと子どもにも影響を与える確率が高くなります。上下の顎のバランスが悪いと歯並びもガタガタになり、出っ歯や受け口といったことにもつながります。

2つ目は、生活習慣や日常生活での癖。例えば、指しゃぶりや爪を噛むしぐさが治らない場合は、強い力が前歯にかかって変形してしまい、前歯がかみ合わないといったことも起こります。

3つ目は、治療すべき歯を治療していないこと。例えば虫歯の歯を治療しない、抜歯したままを放っておく、といった場合は、歯が正常な位置から移動してしまい噛み合わせだけでなく歯並びにも影響を与えてしまいます。

 噛み合わせを治療するとこんなにいいコトが!

  • 肩こりや頭痛の悩みが改善する
  • 小顔になったり、顔のバランスが整う
  • 口内トラブルの改善

噛み合わせを治すことで、歯並びが整うだけでなく、顔の左右差がなくなり美しくなれます。実際に噛み合わせの矯正をしたことで、顎の歪みが取れたり、しゃくれ気味だった顎が正常に戻ったり、顎がシャープになって小顔になったという声も。

それだけでなく、頭痛や肩こり、腰痛など健康面でのトラブル改善にも効果があるようです。

噛み合わせは、歯の大きさや向き、噛合面の角度、噛む筋肉の強さなど、一人ひとりの顎の形と歯と調和がとれていることが大切です。調和がとれていないと特定の歯に負担がかかってしまうことになり、歯肉の炎症や歯のぐらつきが起こります。それくらい「正常な噛み合わせ」は、健康面でも重要だといえます。

運営者情報

このサイトは、歯科医師関係者や有識者に相談のうえ、インビザライン®に興味のある人のために作成しています。インビザライン®対応のクリニック紹介をご希望のクリニック・歯科医院関係者様はこちらからお問い合わせください。

掲載希望・お問い合わせ