InvisaLife - 目立たずに美しく矯正ができるインビザラインの総合メディア/インビザラインの疑問にお答えします/インビザラインのデメリットは?

インビザラインのデメリットは?

きちんと知っておきたい!インビザラインのデメリット

インビザライン矯正はメリットばかりがクローズアップされますが、デメリットもあります。リスクを回避してインビザラインを正しく使うためにも、デメリットについてしっかり知っておきましょう。

デメリット1.歯が思うように動かない、整わない

インビザライン矯正のメリットの1つでもある、自分でマウスピースを自由に取り外しできること。いつでも丸洗いでき清潔さが保てます。しかし、これがデメリットにもなり得ます。

インビザライン矯正では1日20時間以上マウスピースを装着する必要があります。そうしないと計画通りに歯が移動しない、キレイな歯列にならないといったことが起こります。患者さん自身の自己管理が重要なので、装着する時間が少なかったり、マウスピースを頻繁に外したりすると、治療期間が長引くばかりか望むような結果が得られません。

デメリット2.歯磨きを怠ると虫歯や歯周病になりやすい

飲食時にはアライナーを外すように指導されます。唯一、マウスピースをはめたまま口に入れていいものは、水か白湯のみ。今話題のフレーバーウォーターは無色透明ですが、味や香りをつけるため糖分も多く入っています。アライナーを装着したまま糖分が入った飲料水を常飲していると、マウスピースの中に入り込んで、歯を溶かしてしまいます。また細菌が繁殖するだけでなく、プラークと結びついて虫歯や歯周病といったトラブルを引き起こしてしまうことに…。

唾液には洗浄作用や歯を再石灰化する作用がありますが、マウスピースで覆われているため唾液のいい作用が受けられません。そのため、虫歯などのトラブルが起こりやすくなってしまいます。

アライナーの使用方法は守り、いつも以上に口腔内を清潔に保てるよう食事後の歯磨きを徹底して行いましょう。

デメリット3.インビザライン矯正に適さない症例もある

透明で目立たないのがメリットのインビザライン矯正は、どんな症例でも適応できるわけではありません。

例えば抜歯が必要なケース。抜歯をする症例はすべて適さないというわけではなく、歯根の移動距離が長くなる場合には適しません。アライナーでは少しずつ歯を移動させていくため、歯根の移動距離が長くなるとその分時間がかかるのです。移動させる距離が長い場合は、インビザラインよりも移動させる力が強いワイヤー矯正のほうが適していると言えます。

出っ歯や受け口といった噛み合わせに問題がある場合も、歯の移動距離が大きくなります。合うか合わないかは人それぞれ症状や重症度は違いますので、専門医の診察で判断してもらいましょう。

重要なのは歯科医師選び!

インビザライン専門医に相談する時は、自分の歯の状態やリスクについてしっかり話してくれるドクターに依頼したいものです。インビザライン矯正は万能ではないので、症状が重い人(例えば、重度の顎関節症、骨格や噛み合わせに問題があるケース)や抜歯しなければならない人は、ワイヤー矯正のほうが合っている場合があります。

歯や顎の状態は人によって異なるので、正しい判断をしてくれる医師選びが何より重要です。いい面だけでなくマイナス面とリスクをしっかり説明できる知識や経験、クリンチェック(治療計画)が途中で合わなくなった際にリカバリーできる技量を持っている歯科医師なら、理想の歯並びを実現できるでしょう。

監修者紹介

当サイトを監修したのは、エムアンドアソシエイツ矯正歯科の増岡尚哉院長。日本でインビザラインが導入された当初から携わり、これまで多くの症例を治療してきました。その技術力は、インビザラインのメーカーお墨付き。歯科医師にインビザラインの指導ができる、クリニカルスピーカーという称号を与えられるほどです。

インビザラインに適する症状なのかやデメリットの対処法など、気になることはカウンセリングで聞いてみてはいかがでしょうか。

監修者である増岡院長の
カウンセリングを受けてみる

運営者情報

このサイトは、歯科医師関係者や有識者に相談のうえ、インビザライン®に興味のある人のために作成しています。インビザライン®対応のクリニック紹介をご希望のクリニック・歯科医院関係者様はこちらからお問い合わせください。

掲載希望・お問い合わせ