InvisaLife - 目立たずに美しく矯正ができるインビザラインの総合メディア/インビザラインと他の矯正方法を比較/ワイヤー矯正/インコグニート

インコグニート

インコグニートとは?

歯の裏から行う目立ちにくい矯正

インコグニートとは、歯の舌側に矯正装置を装着する、裏側矯正の一種です。通常の裏側矯正より優れている点は、既製品ではなく、オーダーメイドであるという点。ブラケットからすべて個人に合わせて作製されるため、フィット感が高く、矯正期間が既存のものより短くなっています。また、既製品では対応しづらい、難しい症状にも対応可能に。装置はこれまでのものと比べると非常に薄く、装着の違和感が少なくなっており、発音もしやすくなっているのも特徴です。

目立たない矯正はニーズが高い

目立ちやすい矯正装置を使用していると、人目が気になり、コミュニケーションを避けてしまう方もいるかもしれません。インコグニートは金色の装置ですが、歯の裏側に装着します。そのため、普通に会話している分にはまったくわかりません。目立たず、見えない矯正はニーズが高く、インコグニートはそのニーズを満たしている装置です。

痛みや違和感が軽減された装置

矯正装置は長い期間装着するものですから、器具を選ぶにあたり、装着感は非常に重要なポイントです。インコグニートはこれまでの既製品とは違い、できる限り薄く、またオーダーメイドで作られているので、違和感が減少しています。薄い装置により口の中のスペースも確保され、舌が動かしやすく、発音のしやすさにも貢献。ストレスの軽減にもつながります。舌に装置が当たりにくいという点では、さらに口内炎の発生も抑える設計に。長期間の矯正生活をより快適なものにできるようになっています。

インコグニートの特徴

見た目

ゴールドで作られているため金色の見た目をしています。しかし、歯の裏側に装着するため、通常の生活を送っていれば、人から見られることはありません。

矯正に必要な期間

3Dスキャンコンピューターを使用して精密な歯型を作成するため、より正確な矯正を行うことができます。そのため、既存の裏側矯正よりも短く済ますことができるでしょう。

費用

より高度な矯正を行うため、費用は高い傾向にあります。費用は100万円を超えることもあり、最も一般的なワイヤー矯正である表側矯正と比べ、高額です。

審美性

目立ちやすい金色の装置ですが、歯の裏側に装着するため、見えにくく、人に気付かれることはあまりないでしょう。歯の表面に装置は設置しないので、審美性が高くなっています。

インコグニートの注意点

インコグニートは目立ちにくく、違和感も少ない矯正装置。しかしデメリットもあります。まず費用は高額になりやすく、矯正を始めるのに躊躇してしまうかもしれません。また、最初の検査を行ってから、実際に矯正が始まるまで、時間がかかります。これは、装置がドイツで作製されるためで、歯型をとってから完成まで6週間ほどかかるため。また、装置が外れて紛失してしまった際には、また時間をかけて作製し直さなくてはなりません。ここに時間がかかるほど、矯正は後れを取り、期間が長くなってしまいます。

運営者情報

このサイトは、歯科医師関係者や有識者に相談のうえ、インビザライン®に興味のある人のために作成しています。インビザライン®対応のクリニック紹介をご希望のクリニック・歯科医院関係者様はこちらからお問い合わせください。

掲載希望・お問い合わせ