InvisaLife - 目立たずに美しく矯正ができるインビザラインの総合メディア/インビザラインの疑問にお答えします/インビザラインは後戻りするの?

インビザラインは後戻りするの?

矯正後に注意したい後戻りとは

インビザライン矯正に限らず、歯の矯正は後戻りに注意しなければなりません。後戻りとは、矯正後、綺麗な位置に矯正した歯が、元の位置に戻ってしまうことです。原因はいくつかありますが、そもそも歯には元の位置に戻ろうとする性質があり、誰でも放っておけば後戻りしてしまいます。

歯の性質以外には、舌の悪癖や頬杖のような歯に力を加える癖や、歯周病や虫歯の影響などが後戻りの原因です。矯正後に親知らずが生えてきた場合にも起こります。また、歯は誰しも年を経るに連れて動いていくもの。ですので、加齢によっても歯並びは崩れていきます。

後戻りしないよう保定が必要

せっかく時間やお金をかけて綺麗にした歯並びが、崩れていってしまうのは嫌なものです。そこで、矯正した後は保定が必要になります。

矯正後は、インビザラインのマウスピースに変わりリテーナーという装置を使用して、歯の後戻りを防ぐ保定期間が必ず設けられています。この保定期間は矯正期間とは別で、矯正期間の中に含まれてはいません。やっと矯正が終わったのにまだ保定をしなくてはならないのかと思われるかもしれませんが、先程も言ったとおり、保定は必要不可欠です。保定をしなくてはその矯正が無駄になり、再び矯正をしなくてはならなくなってしまいます。

せっかく綺麗にした歯並び。ですから、それを今後維持していくために必要な期間が保定期間なのです。

後戻りしないように保定する期間

気になる保定に必要な期間ですが、目安はおよそ1年から3年ほど。矯正にかかる期間と同じくらい必要です。

ですが、矯正時とは違いリテーナーを装着する時間は徐々に短くなっていきます。矯正中は食事や歯磨きのとき以外はずっとアライナーを装着する必要がありますが、リテーナーをそれと同じ時間つけているのは、保定期間が始まって半年ほどだけです。その後は寝ている時間だけ装着します。

1年から3年ほどリテーナーを装着するのが平均的ですが、できることならさらに装着すると、後戻りしにくくなっていきます。寝ている時間だけの装着でいいので、負担を感じないようなら続けて装着しましょう。

保定に必要なリテーナーとは

保定には、アライナーとは別にリテーナーという装置が必要になります。リテーナーについては、個別に詳しく解説していますので、下記のページをぜひチェックしてみてください。リテーナーがどういったものなのか、またその使い方や注意点などについて知ることができます。保定にリテーナーは必要不可欠ですので、併せて見てみましょう。

リテーナーの役割や使い方について
詳しくはこちら

運営者情報

このサイトは、歯科医師関係者や有識者に相談のうえ、インビザライン®に興味のある人のために作成しています。インビザライン®対応のクリニック紹介をご希望のクリニック・歯科医院関係者様はこちらからお問い合わせください。

掲載希望・お問い合わせ