InvisaLife - 目立たずに美しく矯正ができるインビザラインの総合メディア/インビザラインと他の矯正方法を比較/ワイヤー矯正/表側矯正

表側矯正

表側矯正とは?

表側矯正は最も一般的な治療法です。見た目は少し気になりますが、矯正方法の中で効果が早く出るため、より早く治療を終えたい人に向いています。

表側矯正にも、様々な種類があります。その中で、比較的目立ちづらく治療効果も高いといわれている、デイモンシステム(デーモンシステム)とクリッピーについてご紹介します。

デイモンシステム(デーモンシステム)の特徴

ブラケットとワイヤーの接続している部分がブラケットに組み込まれています。ブラケット周辺に汚れが付着しづらく、口腔内の衛生状態を良好に保ちやすいといった特徴があります。

見た目

表側矯正なので、見た目では装置が目立ちやすいです。

矯正に必要な期間

歯を動かしやすいように作られているため、治療期間が短縮できます。少しでも早く治療を終えたい人には好まれています。

費用

通常のワイヤー矯正とそれほど変わりませんが、扱っているクリニック・歯科によっては少し費用が高い可能性もあります。

審美性

金属と透明素材を使っており、すべてメタル色のワイヤー矯正よりは審美性に優れているものの、通常のワイヤー矯正と変わりません。

クリッピ―の特徴

ワイヤーとブラケットを使って矯正する、という仕組みは同じですが、半透明でホワイトコートされているクリップを使用しています。またクリップが開閉するため、ワイヤー交換がしやすく治療の負担が軽減します。

見た目

通常のワイヤー矯正よりも目立ちづらいです。

矯正に必要な期間

歯を確実にコントロールできるため、移動するスピードが早まり治療期間を短縮させることができます。

費用

通常のワイヤー矯正とそれほど違いはありませんが、目立たない治療をする分少し高くなる可能性があります。

審美性

半透明で目立ちづらいため、従来のワイヤーとブラケットを装着することに抵抗がある人でも受け入れやすいでしょう。

快適に矯正治療ができる方法を探そう

表側矯正も、様々な治療法があります。最近はより目立たず、より早く治療を終えることができる方法もたくさん開発されるようになりました。ワイヤー矯正はいかにも矯正しています、という見た目で受け入れられないという人も、少し目立たなくなれば抵抗なく受け入れられるかもしれません。また、医師から詳しく話を聞き、少しでも早く治療を終えられるなら装置が見えてしまうのもある程度我慢しようかな…と思えるかもしれません。

矯正治療は、年単位の時間が必要です。その間自分が快適に治療できる方法を探しましょう。

運営者情報

このサイトは、歯科医師関係者や有識者に相談のうえ、インビザライン®に興味のある人のために作成しています。インビザライン®対応のクリニック紹介をご希望のクリニック・歯科医院関係者様はこちらからお問い合わせください。

掲載希望・お問い合わせ