InvisaLife - 目立たずに美しく矯正ができるインビザラインの総合メディア/インビザラインの疑問にお答えします/インビザラインの治療後に行う
リテーナー(保定装置)とは?

インビザラインの治療後に行う
リテーナー(保定装置)とは?

インビザラインで使うリテーナーの役割は?

リテーナーは保定装置とも呼ばれ、矯正の後戻りを防ぐ役割があります。インビザラインの矯正が終わりアライナーを外すと、だんだん噛み合わせがずれてしまうことも。リテーナーはそのずれを防ぐために装着する必要があります。

インビザラインのリテーナーの使用方法は?

インビザラインのリテーナーは、アライナーと同じくクリアでマウスピースの形をしています。使用方法もアライナーと変わりはありません。同じように歯にはめて使ってください。リテーナーを使用する時間は、時間の経過とともに徐々に短くしていきます。最終的には、アライナーもリテーナーも何もはめずに済むようになったら完了です。

使用期間は1~3年

リテーナーを使用する期間は、だいたい1〜3年。矯正にかかった期間と同じくらいが目安です。長くリテーナーを使うほど、後戻りの可能性が減ります。最初にリテーナーをはめるのは、矯正が終わった当日です。最初は食事中を除いて終日使用し、徐々に自宅にいるときだけや、就寝時だけといったように頻度を減らしていきます。その後はつけない日を設け、その間隔を開けていきます。

リテーナーを使う際の注意点

金額や交換頻度が病院ごとに違うことも

使用しているといずれ交換する必要が出てきますが、病院によって価格や交換頻度が違う場合があります。はじめにリテーナーをいくつか用意してくれる病院もあれば、1つだけしかくれない病院も。インビザラインは保険適用外なので、リテーナーの価格もバラバラです。事前に価格などを確認し、納得してから治療に進むのが望ましいでしょう。

最初の1年は後戻りしやすい

矯正し終わってすぐの歯はとても不安定な状態です。とくに矯正後1年ほどは、歯がもとの位置に戻ろうとするので、何もしないと後戻りしてしまいます。やっと矯正が終わってアライナーが取れたのに、まだリテーナーをつけなくてはいけないのかと思うかもしれません。ですが、リテーナーをつけないと、せっかく長い時間をかけた矯正がやり直しになってしまうかもしれません。後戻りを避けるためにもリテーナーは必ず使用しましょう。

運営者情報

このサイトは、歯科医師関係者や有識者に相談のうえ、インビザライン®に興味のある人のために作成しています。インビザライン®対応のクリニック紹介をご希望のクリニック・歯科医院関係者様はこちらからお問い合わせください。

掲載希望・お問い合わせ