InvisaLife - 目立たずに美しく矯正ができるインビザラインの総合メディア/インビザラインで矯正できる症状/過蓋咬合(ディープバイト)

過蓋咬合(ディープバイト)

インビザラインによる過蓋咬合の治療法

過蓋咬合(ディープバイト)は、過去にはインビザラインによる矯正はできず、ワイヤーによる矯正も難しい症状でした。ですが、現在ではインビザラインによる治療が可能になっています。過葢咬合にはいくつか原因があり、まずはその原因を知ることから始めなければなりません。そのうえで噛み合わせの高さを上げたり、前歯を抑圧したりして治療していきます。

過蓋咬合の症状

通常、上顎の前歯は下顎の前歯に少し被さっている状態です。しかし過葢咬合の場合、それ以上に被さってしまい、下顎の前歯がほとんど見えないほどになってしまいます。 下顎の前歯が上顎の歯肉部分にあたり、傷や歯肉炎が常にできてしまうことも。放っておくと顎関節症になる可能性もあります。

過蓋咬合による日常生活での不都合は?

過葢咬合の状態が続くと、下の歯が上顎の歯肉を傷つけ歯肉炎を起こしてしまいます。絶えず歯肉炎があるので痛いですし、自由に食事を摂れないこともあるでしょう。ほかにも、噛み合わせが正常ではないため、食事の際噛むのが難しくなります。過葢咬合の影響は食事だけではありません。発音にも問題が起き、うまく発声できず聞き取りにくいことが多いです。このことから、あまり言葉を発したくなくなり、非社交的になってしまう方もいます。

過蓋咬合の原因

  • あごの骨格のバランスがとれていない
  • 奥歯が正常に生えなかったり失ったりした
  • 口呼吸や頬杖などの悪い癖がある

過葢咬合が起きる原因はいくつか考えられます。まず挙げられるのは骨格のバランスです。上と下の顎骨格のサイズがうまくバランスをとれていないと過葢咬合になることに。永久歯の奥歯が倒れて生えてきてしまった場合も過葢咬合に繋がります。これは乳歯が早く抜けてしまった場合に多いです。虫歯や歯周病などで奥歯を失くしてしまった場合も、噛み合わせがうまくいきません。就寝時も含めた口呼吸も歯列を悪くし、過葢咬合の原因となります。頬杖は頬の骨を曲げて顎関節などに影響するため注意が必要です。

過蓋咬合を治療するとこんなにいいコトが!

  • ガミースマイルの改善
  • 歯やあごへの負担の軽減

過葢咬合を治療すれば、ガミースマイルの改善にもなります。ガミースマイルというのは、口を開けて笑ったとき上の歯茎がよく見えてしまうことです。見た目の面で好まない人も多く、社交性の低下やコンプレックスに影響することも。治療を行えば、過葢咬合の症状の一つである発声の問題も一緒に改善できます。悪い噛み合わせが原因で起こる歯やあごへの負担も軽減できます。悩まされていた歯肉炎の発生も減らすことができるでしょう。

運営者情報

このサイトは、歯科医師関係者や有識者に相談のうえ、インビザライン®に興味のある人のために作成しています。インビザライン®対応のクリニック紹介をご希望のクリニック・歯科医院関係者様はこちらからお問い合わせください。

掲載希望・お問い合わせ